2010年11月15日

ピーナツの食べすぎで赤ちゃんがピーナツアレルギー?

米国マウントサイナイ医科大学の研究チームは、3-15ヶ月齢で卵または牛乳アレルギーの乳幼児503名を対象にピーナッツに対する血中IgE抗体濃度 (アレルギーを起こす)と母親の妊娠中及び授乳中のピーナッツ摂取頻度には相関関係があり、特に妊娠中の摂取頻度は有意な予知因子であると報告している。ただ、当然予想されるように、この研究の対象児は別にそれが原因でピーナッツアレルギーになったとは書かれていない(ピーナッツを食べたからピーナッツアレルギーになるというわけではない)。研究者らもコメントしているように、この研究からただちに妊娠中に特にピーナッツを控える必要はないと思われる。ただしリスクは高まるので気になるようなら控えましょう。

(EurekAlert!より)

ピーナッツはアレルギーとかニキビとかいろいろあるよね。
栄養もちゃんとあるんだけど、意外にリスクのある食べ物。
脂肪分も高いです。
BA使ってれば問題ないかな?ニキビに注意ね。


posted by お小遣い稼ぎ at 17:55| 副業(サイドビジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。