2009年05月08日

情報技術社会と副業

情報技術の革新とインフラ整備によって、副業の仕事内容は多種多様化しています。そういった中、パソコンやモバイルを通じて誰でもが気軽に参加できるのが副業です。この動きを加速しているのがアメリカにおけるインターネットビジネスの隆盛です。

アメリカンドリームの再来ともいわれ、インターネットビジネスによる『億万長者』が輩出し、それは日本においても書籍などで紹介されています。

近年では、日本でもWEB上で、ネット起業をめざすサラリーマンが増加しています。それと並行してネット起業のためのツールやノウハウも専用の販売サイトなどがネット上を賑わせています。

しかし、簡単に副業とはいっても、ネット起業に携わるには、ある程度のスキルやノウハウに対する経済的投資や習熟するまでの時間投資などが必要とされてきます。

なお、ネットで多額の収入を得ているプロを比較した場合、情報量の乏しさやスキルなどによる高い参入障壁、また、参入のタイミングの失敗なとで、現実に収入に結びつくネット起業家は少数派なのです。

また、インターネット上で売買される情報の質も粗悪なものが多いのが現状で、リアルビジネスと同様にマルチまがい商法やねずみ講、内職商法詐欺などの悪質商法の温床ともなっていて、現在も初心者の被害が後を絶ちません。
posted by お小遣い稼ぎ at 17:15| 副業(サイドビジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。