2010年11月27日

子宮筋腫、切らずに治療  超音波で狙い撃ち  新たな選択肢、体に優しく

画像装置で病巣の位置を正確に特定し、体を傷つけずに超音波で狙い撃ち―。こんな治療法が子宮筋腫に悩む女性の新たな選択肢として注目されている。誰もが治療条件に合うわけではなく、再発の可能性もあるが、外科手術を受けず日帰りで治療できる体への優しさがメリットだ。
子宮筋腫は女性ホルモンによって成長する良性腫瘍。35歳以上の日本人女性の4人に1人が持つと推計される。仕事や子育てに多忙な年代が大半を占め、過多月経から重い貧血が起きて生活に支障が出る人もいる。
板橋中央総合病院 (東京)の森田豊・産婦人科部長によると、腫瘍を小さくするホルモン療法もあるが、効果は一時的。治療は子宮全摘に加え、腫瘍だけを取る核出術、カテーテル(細い管)を使い血流を止め、腫瘍を縮小させる動脈塞栓(そくせん)術などが主流だが、3〜10日の入院が必要で二の足を踏む人も多い。
 女性にとって子宮全摘は大きな決断。通常は卵巣を残すためホルモンの機能は正常だが、森田部長は「子宮を失ったことによる喪失感から落ち込む人も多い」と話す。
 閉経して女性ホルモンの分泌が低下すると腫瘍は小さくなる。それまでの間、手術を受けずに済む選択肢が、医師や患者から求められていた。

(47ニュース)
子宮筋腫と子宮摘出について。
女性の体にやさしい治療法に関する研究が進むといいですね。
やはり手術は恐いものです。
posted by お小遣い稼ぎ at 21:37| 副業(サイドビジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

ピーナツの食べすぎで赤ちゃんがピーナツアレルギー?

米国マウントサイナイ医科大学の研究チームは、3-15ヶ月齢で卵または牛乳アレルギーの乳幼児503名を対象にピーナッツに対する血中IgE抗体濃度 (アレルギーを起こす)と母親の妊娠中及び授乳中のピーナッツ摂取頻度には相関関係があり、特に妊娠中の摂取頻度は有意な予知因子であると報告している。ただ、当然予想されるように、この研究の対象児は別にそれが原因でピーナッツアレルギーになったとは書かれていない(ピーナッツを食べたからピーナッツアレルギーになるというわけではない)。研究者らもコメントしているように、この研究からただちに妊娠中に特にピーナッツを控える必要はないと思われる。ただしリスクは高まるので気になるようなら控えましょう。

(EurekAlert!より)

ピーナッツはアレルギーとかニキビとかいろいろあるよね。
栄養もちゃんとあるんだけど、意外にリスクのある食べ物。
脂肪分も高いです。
BA使ってれば問題ないかな?ニキビに注意ね。


posted by お小遣い稼ぎ at 17:55| 副業(サイドビジネス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。